くらし情報『「乳がんになっても」幸せな理由は? 幸福学の先生に分析してもらったら…』

2017年11月3日 14:01

「乳がんになっても」幸せな理由は? 幸福学の先生に分析してもらったら…

目次

・「なんとかなる!」でやってきた
・「幸せ」な人に共通の四つの因子
・起業したのは「消去法」
「乳がんになっても」幸せな理由は? 幸福学の先生に分析してもらったら…

ある日、45歳の女社長・川崎貴子(かわさき・たかこ)に乳がんが宣告された——。そんなショッキングな出来事を「乳がんプロジェクト」と早々と命名し、手術から治療、乳房再建までの日々をユーモラスにつづった連載「女社長の乳がん日記」が書籍化され、『我がおっぱいに未練なし』(大和書房)として9月に出版されました。

乳がんになった「のに」、“女のアイコン”とされているおっぱいを失った「のに」、なぜ川崎さんはそんなに強いの?なぜそんなにパワフルなの?そんな疑問が浮かんだ読者も少なくないのではないでしょうか?

「まあ、それは川崎さんだからだよ」。ともすればその一言で済まされてしまいそうな川崎さんが幸せそうに見える理由。でも、「幸福学」を研究する先生に解説してもらえば、私たちも実践できる幸せのヒントが見つかるかも……。

というわけで、『実践 ポジティブ心理学 幸せのサイエンス』(PHP新書)などの著書がある慶應義塾大学大学院の前野隆司(まえの・たかし)教授と川崎さんが対談を行いました。

(左から)前野隆司教授と川崎貴子さん

「なんとかなる!」でやってきた

前野:『我がおっぱいに未練なし』を拝読しました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.