くらし情報『おかゆやうどんにトッピング! 管理栄養士が教える、体を温める栄養素』

2017年11月14日 20:45

おかゆやうどんにトッピング! 管理栄養士が教える、体を温める栄養素

目次

・体の冷えは免疫力の低下をまねく
・体を温める栄養素と食材とは
・さっと簡単、おかゆとうどんのアレンジメニュー
おかゆやうどんにトッピング!  管理栄養士が教える、体を温める栄養素

体の冷えがつらい、また風邪やインフルエンザを予防するために、「まずは日々の食事で栄養を適切にとっておくことが重要です」と話すのは、管理栄養士として食事指導を行う西山和子さん。

そこで、それらのために摂取するべき栄養素と、働き女子がさっと作って食べられるよう、うどんやおかゆのプラスアレンジメニューを教えてもらいました。

体の冷えは免疫力の低下をまねく

まず、体を温めて風邪やインフルエンザを予防、またかかっても悪化させないための食生活について、西山さんは次のように説明をします。

「体が冷えるのは、寒くて体温が低下すること、運動不足などで血流が悪くなること、またダイエットで筋肉量が減っている、やせすぎで体脂肪が極端に少ない、ストレスや疲労で自律神経のバランスが乱れているなど複数の原因が考えられます。体温が低くなると免疫力が低下し、ウイルスや風邪の菌に対抗する力が弱まります。

免疫力をアップするには、普段から食事による栄養バランスを整えることです。そして、外気温が低い秋や冬は、体を温めることを意識した食生活を送りましょう」

ひとり暮らしで食事の用意が面倒なときや風邪をひいてしんどいとき、おかゆやうどんのメニューは手軽ですが、免疫力アップには有用でしょうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.