くらし情報『「平等にしたガール」が、部下や後輩を持った時に気をつけてほしいこと』

2018年2月6日 21:45

「平等にしたガール」が、部下や後輩を持った時に気をつけてほしいこと

目次

・不平等な仕事量にカチンときたら
・論理的で仕事がデキるTさんを怒らせるもの
・自分の平等と相手の平等
・その平等は誰が作ったもの?
「平等にしたガール」が、部下や後輩を持った時に気をつけてほしいこと

ふとした瞬間に聞こえてくる女性の悲鳴。元外資系OLで現在はキャリア・人間関係コーチとして活躍するずんずんさんに、女性の恐怖を解き明かしていただくこの連載、なんと今回で最終回を迎えます。

今回悲鳴を上げているのは、「なんでも平等」にしたがるアラサー女性です。病的なまでに平等にこだわる原因とは……?

不平等な仕事量にカチンときたら

こんにちは!ずんずんです。

この連載もついに最終回。自分の選択に自信が持てなくて「貯められないガール」などなど、あんなことこんなことあったよね……。

さてはて、働いていると、仕事で理不尽なことっていくらでもありますよね。例えば、自分だけ仕事量が多くて、他の人がラクしているように見えたら……。

なんでだよ!って不平等さにカチンとしてしまうはずです。

でも、この不平等さを是正しようとして、必要以上に平等にこだわり始めたら危険なサイン。「とにかく平等にしたガール」予備軍になってしまうかもしれませんよ?

論理的で仕事がデキるTさんを怒らせるもの

「とにかく平等にしたガール」とは、その名の通り、仕事の負担、責任をみんな平等にしたがる女性のことです。このガールの下で働いている人は確かに負担が平等なので、居心地がいいかもしれません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.