くらし情報『日本の「保育」はどうなっていくの? ワーママ予備軍として聞いてみた』

2018年2月5日 20:45

日本の「保育」はどうなっていくの? ワーママ予備軍として聞いてみた

目次

・保育士は子どもと遊ぶだけ?
・不満を言っているだけじゃダメ
・最大の出世が「園長」
・保育士は専門性を持ったプロ集団
日本の「保育」はどうなっていくの? ワーママ予備軍として聞いてみた

SNSやニュースを見ているとたびたび、「保育園に入れられない」「預け先がない」という情報が流れてきて、自分も産んだら同じようなことを悩むのかな……と思うこともあるはず。

でも「これからは、どこでもいいから入れたらラッキーという時代から、保育園を選ぶ時代になるはず」と、現役保育士のてぃ先生は言います。

それってどういうこと?てぃ先生に保育士が見た保育の現状と、これからの保育について聞きました。

保育士は子どもと遊ぶだけ?

——てぃ先生のツイッターが好きで、よく拝見しています。著書の『ほぉ…、ここがちきゅうのほいくえんか』(ベストセラーズ)にも癒されました。

てぃ先生:ありがとうございます。

——保育に関連するニュースを見ると「なんか大変そう」というイメージがあって。でも、それは全部外側からしか見えないもの。てぃ先生のツイートや活動を見ていると、私たちの無知が壁を作っているのかな、と考えさせられます。

てぃ先生:たしかに、「保育園落ちた」とか「保育士は低賃金」とか、ネガティブな言葉は記憶に残りやすいですよね。でも、僕としては保育士として働く中で、楽しさを感じることが多くある。そういう側面も発信したほうがいいと思っているんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.