くらし情報『日本の「保育」はどうなっていくの? ワーママ予備軍として聞いてみた』

2018年2月5日 20:45

日本の「保育」はどうなっていくの? ワーママ予備軍として聞いてみた

——働いていて、現場と社会からの見え方にギャップを感じることはありますか?

てぃ先生:何かの記事で見たのですが、社会の6〜7割以上の人が、保育士は子どもと遊ぶことが仕事だというイメージを持っているとありました。国家資格の中で最低ランクの資格だと揶揄されることもあります。

でも、それは僕たちにも要因があるんだろうなと思います。講演会でもよく話すことですが、子どもを見るって、お父さん/お母さんでもできるし、近所のお兄さん/お姉さんでもできるんですよ。保育士の資格を持っていなくても子育てしている人はたくさんいますから。

——いや、そんなことはないんじゃ……。

てぃ先生:そう、本当は違うんです。確かに保育士は子どもと遊ぶことが主な仕事なんですが、その遊びには子どもの成長や発達を考えた、あらゆる工夫がなされていて、細かな計画まで立てられています。ただ遊んでいるのとは全く異なるんです。

問題は、これがオープンな情報になっていないこと。保育園/保育士側の発信が足りていないと思います。子どもを預けている保護者がようやく分かる程度で、社会には届いていません。

不満を言っているだけじゃダメ

てぃ先生:「やっぱり保育士じゃないとね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.