くらし情報『日本の「保育」はどうなっていくの? ワーママ予備軍として聞いてみた』

2018年2月5日 20:45

日本の「保育」はどうなっていくの? ワーママ予備軍として聞いてみた

業界全体が「諦めモード」な印象です。女性が多い業界なので、結婚や出産で離職してしまい、園長までキャリアを積めない人も多いですしね。

その中で「連絡帳を書かなきゃいけないのに寝てくれない子がいる」とか「お遊戯に参加してくれない」といったイレギュラー事態に追われたりする。他にも行事の準備や書き物など、日々の仕事をこなすことで精一杯で、自分の成長について考える時間がないという面もあるでしょう。これではモチベーションが上がりませんよね。

——もうちょっと選択肢があるといいですね。

てぃ先生:そうですね。頑張った先が園長だけじゃなくて、保育士の資格を持っているとこんな選択肢も増えると示したかったので、僕は今「顧問保育士」という名称での仕事も行っています。他の園や新規参入する企業に対して、保育の専門知識を提供するものです。

保育士は専門性を持ったプロ集団

——おもしろそうですね。

てぃ先生:前述しましたが、「子どもと遊ぶ」だけの印象を変える努力をしていかないと、今後僕らは食いっぱぐれてしまう可能性があります。今は何もしなくても、毎年子どもたちが入園してくる仕組みができていますが、新規参入する企業も増えています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.