くらし情報『バレンタインを盛り上げる! 上品セクシー&フェミニンランジェリー』

バレンタインを盛り上げる! 上品セクシー&フェミニンランジェリー

2018年2月10日 21:30
 

関連リンク

・中村アン「私の財産」と感涙…古川雄輝&大谷亮平共演「ラブリラン」がクランクアップ!
・街の中でもリゾート気分♪この夏トライしたい、シティリゾートコーデをご紹介します!
・小西真奈美『ゼクシィ Premier』で初表紙 理想のパートナー像も明かす
バレンタインを盛り上げる! 上品セクシー&フェミニンランジェリー

バレンタインは“恋人の日”

バレンタインのギフトの準備はOK。デートに着て行く服も決まった。では、ランジェリーは?

「下着のことまで考えてなかった」「どんなものを着ければいいか決めかねている」という方に、おすすめのアイテムをご紹介したいと思います。

素敵なランジェリーを身に着けると、それが自信となって、より美しく輝くもの。大切なバレンタインデーですから、思い切り女性らしい気分に浸れるランジェリーをまとって、バレンタインムードを盛り上げてはいかがですか?

ちなみに、日本では、バレンタインデーは“女性から男性に想いを告白する日”となっていますが、ヨーロッパでは“恋人の日”として互いにプレゼントを贈り合ったり、ディナーをしたりして過ごすのが習慣です。

男性から女性に贈るギフトは、花束やチョコーレートなどがポピュラーですが、実はランジェリーも人気のギフトアイテムなのです。それを表すのがウインドウ。

1月下旬くらいになると、パリやロンドンのデパートのウインドウにはランジェリー(その多くは赤)が飾られますし、ランジェリーブティックのウインドウには、ハートのモチーフがたくさん。店内でも真っ赤なベビードールなどセクシーなランジェリーがフィーチャーされます。

ロンドンのハロッズ横にある「RIGBY&PELLER 」

リーズナブルな英国のランジェリーチェーン「Boux Avenue」

残念ながら、日本にはそのような習慣はありませんが、ランジェリーがバレンタインムードを盛り上げるのは同じ。見せる予定があってもなくても、いつもよりフェミニンなランジェリー、ちょっとセクシーなランジェリーを身に着ければ、なんとなくワクワクしてくるもの。そして、そのときめきが、大切なバレンタインの思い出につながることを願っています。

おそろいランジェリー&部屋着

ときめく乙女ゴゴロを表すなら、まずはフラワープリント。とはいえ、あまりに愛らし過ぎると子供っぽく見えてしまうので、ちょっと抑え目の色と柄を選ぶのがおすすめ。

このプリントは、ロンドンを中心に活躍中のテキスタイルデザイナー、カミラ・フランスとのコラボ。パンジーを幻想的なムードで描いたロマンティックな柄で、フェミニンかつエッジィな雰囲気。ランジェリーだけでなく、部屋でくつろぎながら過ごすバレンタインナイトにぴったりの部屋着もコーディネート。頑張り過ぎずともオシャレなスタイルが完成します。

ドレスイージーブラ4800円、ビキニショーツ2200円、
コットンスムース ロングドレス5000円/シュット!インティメイツ(チャコット)

ときめきを、春色のフェミニンランジェリーに重ねて

愛らしい小花を散りばめたストレッチリバーレースを、背中までぜいたくに使用したセット。「レースフルベール」と名付けられたこのシリーズは、長いモノトーンの冬を抜け、草花が芽吹いて花が開く春の訪れをイメージ。

幅広になったバックは、背中のお肉をソフトにカバー。パンティは繊細なレースがヒップを包み込み、パンティとソング(Tバック)の間のような“チーキー”は、セクシーな後ろ姿を演出します。

ブラジャー5200円、パンティ2800円、チーキー2800円/サロンバイピーチ・ジョン(ピーチ・ジョン)

小花の中に隠れたハートがバレンタインにぴったり

まるでブーケをボディに飾ったようなデザイン。子供の頃に作った愛らしい花冠を表現したのだそうです。2種類のレースを贅沢に組み合わせ、よく見ると、小花の中にはハートが隠れています。そんな細やかなこだわりもバレンタインムードを盛り上げます。パーソナルフィットプラスブラの機能は、“ピタッとパッド”で、自分のバストに合わせてきれいに整えられること。服を着たときのシルエットにも自信が持てます。

パーソナルフィットプラスブラ8300円〜、ボーイレングスショーツ4200円/パルファージュ(ワコール)

華やかさを出したいなら、鮮やかピンクを

華やかさを出して気分を盛り上げたいなら、こんな鮮やかなピンクがおすすめ。しかも、金糸が入ったレース使い。とってもゴージャスな雰囲気ですが、ワイヤーの入っていないトライアングルブラなので、リラックスした気分で着けられます。

エレガントな服に似合うのはもちろん、カジュアルなシャツ&デニムの下などに着けるのもおすすめ。服とランジェリーの、いい意味でのアンバランスさが、女性の魅力をさらに引き出してくれます。

トライアングルブラ9200円、ショーツ5800円/ナオランジェリー

セクシーにキメるなら、やはり赤のランジェリー

「バレンタインだから、セクシーなランジェリーで……」という方は、やはり赤のランジェリーをセレクト。脇がリボン結びになったショーツと、ガーターベルトなら、パーフェクトなバレンタインコーディネートになります。

ヨーロッパのテイストでありながら、タイで生産されている「アンブラ」は上品セクシーなランジェリーをお探しの方に、おすすめのブランド。価格も手頃なので、「ちょっと冒険したい、でも安っぽい下着は嫌」そんなワガママに、しっかり応えます。

ブラジャー5200円、デザインショーツ2200円、ガーターベルト3900円/アンブラ(ローズキャンデリア)

川原好恵

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.