くらし情報『家事を分担していない国1位は「日本」 必要なのは「家事の働き方改革」』

2018年2月11日 23:30

家事を分担していない国1位は「日本」 必要なのは「家事の働き方改革」

とコメント。

まだまだ男性が積極的に家事をする、というのは一般的な状況ではないですが、筒井教授は「男性は概して家事が下手なもの。慣れない仕事に慣れさせるためには、少し長期的に仕事を任せてみることが大事です。

食事の準備も、『週1回』ではなく、連続して2週間ほど任せてみると、男性にとって見えてこなかった『仕事(家事)の本質』が見えてくるものです。たとえば、食材の買い物は、冷蔵庫の残り物や消費期限を考慮しながら計画的に行う、といった作業のコツがみえてくるのです。『家事仕事の見えない本質』を夫婦で共有すれば、分担の効率化が飛躍的に進むでしょう」と、長い目で任せてみることを説いています。

【調査概要】
調査時期:日本 2017年12月14日~15日・韓国 2017年12月18日~19日・アメリカ 2017年12月18日~21日・ドイツ 2017年12月18日~21日・デンマーク 2017年12月18日~22日
調査エリア:日本(東京)・韓国(ソウル)・アメリカ(ニューヨーク)・ドイツ・デンマーク
調査対象:30~49歳 既婚者・共働き男女 計500名(各国100名)
実施方法:インターネット調査

ウートピ編集部

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.