くらし情報『育休2年に延長 約7割の企業が「良い法改正」と言うけれど…【育児休業実態調査】』

育休2年に延長 約7割の企業が「良い法改正」と言うけれど…【育児休業実態調査】

2018年2月20日 19:45
 

目次

・規模が大きいほど取得しやすい?
・約半数の企業が「1歳まで」と回答
・2歳まで育休取得期間が延長できる。認知度は7割
・企業のコメントは…?
育休2年に延長 約7割の企業が「良い法改正」と言うけれど…【育児休業実態調査】

男女ともに取得できる「育児休業」ですが、実際の取得実績はどうなっているのでしょうか。

人材サービスのエン・ジャパンは運営する人事担当者向け中途採用支援サイト『エン 人事のミカタ』上でサイトを利用している企業の人事担当者を対象に「育児休業」についてアンケート調査を実施。502社から回答を得ました。

調査の結果、育児休業の男女別取得実績は、女性76%、男性18%の企業が「取得実績あり」と回答。さらに企業規模別に調べたところ男女ともに企業規模が大きい企業ほど取得率が上がる傾向にあることがわかりました。

規模が大きいほど取得しやすい?

まず、男女別に「育児休業の取得状況」を調べたところ、女性の育児休業は、76%の企業が「取得実績あり」と回答したのに対して、男性の取得実績は18%に留まりました。

さらに、男女別、企業規模別に聞いたところ、「取得実績あり」と回答したのは女性では300〜999名の企業が94%と最も多くなり、1〜99名の65%とは29ポイントの差がつきました。男性の場合、1000名以上の企業が50%で最多となり、1〜99名の12%とは38ポイントの差がつきました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.