くらし情報『死ぬまで「初めて」に挑戦し続けたい【草笛光子さん】』

2018年3月16日 15:01

死ぬまで「初めて」に挑戦し続けたい【草笛光子さん】

目次

・本当に“素敵な女”とは?
・「縛られることくらい嫌なことはない」
・死ぬまで「初めて」がある
死ぬまで「初めて」に挑戦し続けたい【草笛光子さん】

女優・草笛光子さん(84)の私服の着こなしを紹介した『草笛光子のクローゼット』(主婦と生活社)が3月16日(金)に発売されました。

草笛さんといえば、1953年に映画『純潔革命』(松竹)でデビューして以来、数々の映画、舞台、テレビに出演。常に第一線で活躍し、新しいことに挑戦し続ける姿勢が多くの人々の支持を集めています。

『草笛光子のクローゼット』では、故・越路吹雪さんにすすめられて購入した思い出のコートやニナリッチのリメークしたドレス、ユニクロといったプチプラの服や小物を取り入れたコーディネートを披露しています。

今回のようなファッションをテーマにした本を出版するのは初めてという草笛さんにお話を伺いました。

ユニクロのTシャツをさらりと着こなす草笛光子さん。撮影/天日恵美子

本当に“素敵な女”とは?

——『草笛光子のクローゼット』を拝読して、草笛さんがユニクロやプチプラのアクセサリーを素敵に身につけていらっしゃって「草笛さんもユニクロを着るのね」と新鮮な驚きがありました。

草笛光子さん(以下、草笛):私はすごく高価な洋服というのを持っていないんです。女優さんといえば、いかにも高そうな服や小物を持っているイメージもあるし、実際にそういう方もいらっしゃると思うんですが、私の生活には合わないと思っています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.