くらし情報『手軽にできる花粉症ケア「鼻うがい」の方法 【耳鼻咽喉科専門医が教える】』

2018年3月22日 20:45

手軽にできる花粉症ケア「鼻うがい」の方法 【耳鼻咽喉科専門医が教える】

目次

・生理食塩水を使用し、刺激を避ける
・「声を出しながら行う」「うがい後は吐き出し切る」
・洗浄しすぎず、適度な回数がコツ
手軽にできる花粉症ケア「鼻うがい」の方法 【耳鼻咽喉科専門医が教える】

ところかまわず連発するくしゃみ、しつこい鼻づまりや鼻水など、花粉症の人にとって、鼻の症状は厄介で何とかしたい切実な悩みです。

その対策として、最近よく耳にするのが「鼻うがい」。第一印象では、「何それ、痛そう」と腰が引けます。

しかし、耳鼻咽喉科専門医で、とおやま耳鼻咽喉科(大阪市都島区)の遠山祐司院長は、「えっ。と思われるかもしれませんが、鼻うがいは耳鼻科では治療法のひとつとして行われており、花粉症のケアになります」と話します。そこで、「鼻うがい」の目的や具体的な方法を聞きました。

生理食塩水を使用し、刺激を避ける

はじめに遠山医師は、「鼻うがい」についてこう説明をします。

「鼻の穴から専用の洗浄液や生理食塩水を注入して、鼻の奥に付着している花粉やほこり、ウイルス、雑菌などを洗い流す方法です。『鼻洗浄』とも呼びます。耳鼻科では、以前から鼻炎や慢性副鼻腔(びくう)炎(ちくのう症)の患者さんに治療として行っています。鼻の粘膜の機能を回復することができます」

そのように聞けば、安心してトライしてみようかという気になります。近頃では、ドラッグストアなどで、いろいろな種類の鼻うがい用の市販品を見かけます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.