くらし情報『アラサー女子の7割超「スマホ中毒」を自覚。悩ましい「スマホ下がり肌」って?』

アラサー女子の7割超「スマホ中毒」を自覚。悩ましい「スマホ下がり肌」って?

2018年3月29日 20:15
 

目次

・スマホ中毒になってない?
・「スマホ中毒」の女性ほど、肌悩みが多かった
・就寝前はすっぴん状態でブルーライトを浴びている
アラサー女子の7割超「スマホ中毒」を自覚。悩ましい「スマホ下がり肌」って?

仕事のメールを返したり、SNSで情報をチェックしたりと気づけばいつも手にしているスマートフォン(以下、スマホ)。スマホがいつもそばにないと不安という人も多いのではないでしょうか。

この度、化粧品・健康食品メーカーの「ファンケル」は、20代から60代の女性500人を対象に、現代女性のスマホとの付き合い方に関する意識と実態の調査を行いました。

調査の結果、アラサー世代は、スマホに依存した生活を送っている「スマホ中毒」を自覚する人が、どの世代よりも多いことが分かりました。また、自覚のある女性ほど、肌のうるおいや透明感など肌力が低下した状態の「スマホ下がり肌」であることも分かりました。

スマホ中毒になってない?

「自分がスマホ中毒であると感じますか?」と質問したところ、アラサー世代(25〜34歳)の73%が「そう感じる」と回答し、各世代で最も高い比率になりました。また、「食事をしながらスマホをチェックする」、「外出後にスマホを自宅に忘れたことに気が付いたら絶対に取りに帰る」という項目でも、アラサー世代が一番高い比率になりました。

「スマホ中毒」の女性ほど、肌悩みが多かった

「スマホ中毒」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.