くらし情報『「理想を手にすれば幸せになれる」の落とし穴 今ある幸せに気づく方法』

2018年4月4日 20:45

「理想を手にすれば幸せになれる」の落とし穴 今ある幸せに気づく方法

目次

・不満はないけど、なんとなく不安
・書くマインドフルネスって?
・せかせかしちゃう人ほど立ち止まる時間を持って
・この先の5年我慢するのか、今楽しむのか
「理想を手にすれば幸せになれる」の落とし穴 今ある幸せに気づく方法

仕事のイライラや、人間関係のモヤモヤが特になくても、ふとした瞬間に「なんとなく不安」になることはありませんか?

一般社団法人マインドフルリーダーシップインスティテュート(MiLI)代表の荻野淳也(おぎの・じゅんや)さんに、「マインドフルネスを通じて心を整える方法」について伺ってきたこの企画。最終回は「今、幸せに気づく方法」について教えていただきました。

【第1回】誰かの「自分らしいライフスタイル」に振り回されてない?
【第2回】つい後輩にイライラ…私、思いやり不足?

不満はないけど、なんとなく不安

——読者と話をしていると、「大きな不満はないけれど、5年後、10年後も同じような生活をしている気がして不安」という声を聞くことがあります。つまり、「私はこれでいいのかな」という状態。

荻野淳也さん(以下、荻野):それでは幸せじゃないということですよね?要するに、小さい満足に満足していて、自分の本当の幸せと向き合っていないということだと思います。

「特に不満はない」というのも、「自分軸」以外のもので考えているのではないでしょうか。「そこそこの年収もあるし、有名企業に勤めているし、人間関係も悪くないし」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.