くらし情報『<真木よう子型女子>不安定な演技派美人が35歳を過ぎて経験する壁』

<真木よう子型女子>不安定な演技派美人が35歳を過ぎて経験する壁

2018年4月14日 13:01
 

目次

・「危なっかしい魅力」は文字通り危なっかしい
・仕事ぶりにこそ人が映し出される
・オフィスで「女優」やる美人は生き残らない?
・30代で経験する、ソロプレーヤー脱皮の壁
<真木よう子型女子>不安定な演技派美人が35歳を過ぎて経験する壁

河崎環さんによるこの連載、今回取り上げるのは、女優の真木よう子さんです。昨年から「コミックマーケット」参加炎上や、SNSのアカウント削除、体調不良による映画の降板、所属事務所からの独立と、本業以外で注目を集めてしまった真木さん。彼女を通して見る35歳を過ぎて経験する壁とは……?

「危なっかしい魅力」は文字通り危なっかしい

若手女優や俳優の「演技派」や「スキャンダラス」という評価は、往々にしてプライベートの危なっかしさ、不安定さと背中合わせなのだろうと思う。

世の中には、特に芸能界には、「不安定な美人」というジャンルがある。美人というのは往々にして世間から不躾で無責任な注目を浴びるもので、そのプレッシャーに耐えかねて不安定になる、という部分もあるだろう。だがそれ以上に、元来の不安定さが人の目には、「美しさ」に見えるのかもしれない。「危なっかしい魅力」とはそういうことではないだろうか。

女優の真木よう子もまた、そんな「危なっかしさ」と隣り合わせにいる人だ。

スキャンダラスで演技派、時に好戦的とも呼べるほどの凄みあるエロスを醸し、日本アカデミー賞では、主演・助演のダブル受賞を果たすほどなのだが、昨年SNSで叩かれ「暴れた」。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.