くらし情報『寺島しのぶ、“イタい”アラフォーヒロインを好演「ドラマはふとした偶然から始まる」』

2018年4月27日 10:01

寺島しのぶ、“イタい”アラフォーヒロインを好演「ドラマはふとした偶然から始まる」

目次

・“イタい”ヒロインを好演
・ドラマはふとした偶然から始まる?
・「共感できない」作品があってもいい
寺島しのぶ、“イタい”アラフォーヒロインを好演「ドラマはふとした偶然から始まる」

女性が持つ多面性を表現する女優という仕事。美しさも醜さも、すべて生々しくさらけ出す胆力において、日本の女優の中で寺島しのぶさんは抜きん出た存在です。

平栁敦子監督による日米合作映画『オー・ルーシー!』(4月28日公開)で演じたのは、東京で鬱屈した日々を送るアラフォーの女性会社員・節子。

欲望を押し殺してきた女性が悦びを見つけ、ハジけ、傷つき、新たな可能性を見つけようとする姿をチャーミングに演じた寺島さんに話を聞きました。

『オー・ルーシー!』で主演を務めた女優の寺島しのぶさん

“イタい”ヒロインを好演

『オー・ルーシー!』の主人公・節子は、東京で暮らす43歳の会社員。独身の住まいはゴミだらけの“汚部屋”。職場でも日陰の存在で、同僚たちと積極的にかかわろうとせず、斜め上から他人を見て心の中で悪態をついているような心が乾いた女性です。

ある日、姪の美花(忽那汐里さん)から、自分の代わりに英会話教室に通ってほしいと頼まれます。怪しげな教室に足を踏み入れると、イケメンの米国人講師ジョン(ジョシュ・ハートネットさん)が待っていました。金髪のカツラと、“ルーシー”という英語名を与えられた節子。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.