くらし情報『親孝行は自分の親にするのが一番難しい? 矢部太郎×近藤聡乃【トークショー】』

2018年4月29日 14:45

親孝行は自分の親にするのが一番難しい? 矢部太郎×近藤聡乃【トークショー】

目次

・海を渡った『大家さんと僕』
・「親孝行って自分の親にするのが一番難しい」
・「大家さんのお年になるまでがんばりたい」
親孝行は自分の親にするのが一番難しい? 矢部太郎×近藤聡乃【トークショー】

お笑いコンビ「カラテカ」の矢部太郎(やべ・たろう)さんが下宿する大家さんとの日々をつづったエッセイマンガ『大家さんと僕』と、2008年からニューヨークで暮らしている近藤聡乃(こんどう・あきの)さんがNY暮らしのあれこれを描いた『ニューヨークで考え中』のコラボイベント「ニューヨークでも新宿でも考え中、近藤さんと僕」が4月21日(土)、東京・神楽坂の「la kagu」で開催されました。

近藤さんのファンだったという矢部さんと、NYで『大家さんと僕』を読んですぐに長い感想メールを矢部さんの担当編集者に送ったという近藤さんのトークショーの模様をウートピ編集部が再構成・編集してお届けします。

海を渡った『大家さんと僕』

近藤聡乃さん(以下、近藤):矢部さんの担当編集の方から『大家さんと僕』を送っていただいたんですが、読んですぐにメールで「よかったです」と感想を送りました。

矢部太郎さん(以下、矢部):それを聞いてとても嬉しかったです。「海を渡ったんだ」って。

近藤:日本のマンガを読める喜びもあるんですが、矢部さんのマンガは本当に面白かった。中にはなんとか褒めなきゃいけないときもあるじゃないですか(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.