くらし情報『「ちょっと苦手」に手を出してみる。37歳で金融に転身した元フジアナの仕事論』

「ちょっと苦手」に手を出してみる。37歳で金融に転身した元フジアナの仕事論

2018年5月17日 10:01
 

目次

・人には2通りのタイプがある
・「ちょっと苦手」な分野に興味が惹かれる
・原動力は「好奇心」
・カオスの中に身を置きたい
「ちょっと苦手」に手を出してみる。37歳で金融に転身した元フジアナの仕事論

元フジテレビのアナウンサーで現在は経済ジャーナリストとして活躍中の小出・フィッシャー・美奈さん(58)。

米国の投資運用会社で働いていた経験をもとに、投資業界で働く人々の実像に迫った『マネーの代理人たち〜ウォール街から見た日本株〜』(ディスカヴァー携書)を上梓しました。

小出さんは新卒でフジテレビに入社。ニュース番組のキャスターを務めたのちに記者職に転向し、外信デスクなどを経て37歳のときにフジテレビを退社。MBA留学後、投資業界に転職して米国でアナリストやファンドマネジャーとして活躍し、現在は経済ジャーナリストという“異色の”経歴の持ち主です。

「還暦を前にこれまでのキャリアを振り返ってみて、私でも何か社会や女性のお役に立つことがあれば」という思いから本書の執筆を決意したという小出さん。これまでのキャリアを振り返りながら、働いていくなかでぶつかった壁や葛藤、迷いなどお話を聞きました。

小出・フィッシャー・美奈さん

人には2通りのタイプがある

--『マネーの代理人たち』を興味深く拝読しました。本書を書いたきっかけを教えてください。

小出・フィッシャー・美奈さん(以下、小出)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.