くらし情報『同級生にいたようなデジャブ感だだよう、安藤サクラ型女子の底力とは』

2018年5月31日 15:18

同級生にいたようなデジャブ感だだよう、安藤サクラ型女子の底力とは

目次

・カンヌに衝撃を与えた演技力
・同級生にいたような気がするデジャヴ女優
・「家=育ちの良さ」ではない
同級生にいたようなデジャブ感だだよう、安藤サクラ型女子の底力とは

河崎環さんによるこの連載、今回取り上げるのは女優の安藤サクラさんです。32歳1児の母でありながら、2018年後期のNHK朝の連続ドラマ小説『まんぷく』のヒロインに抜擢。出演した映画『万引き家族』(是枝裕和監督)がカンヌ国際映画賞で最高賞・パルムドールを受賞するなど、連日のように名前を目にする安藤さん。彼女の底力とはいったい……?

カンヌに衝撃を与えた演技力

安藤サクラ。エッセイスト・安藤和津と俳優・奥田瑛二の娘だなんて、二世どころか犬養毅の四世ではないか……(安藤和津は犬養毅の孫にあたる)。

第71回カンヌ国際映画祭で、是枝裕和監督の『万引き家族』がパルムドールを受賞したとのニュースが日本を駆け抜けたのは、つい先日のこと。その直後に是枝監督が記者たちに披露したエピソードは、女優・安藤サクラの世界レベルの実力をいよいよ本格的に世間に知らしめた。

「審査委員長のケイト・ブランシェットさんは公式の記者会見でも、演出と撮影と役者、そのトータルでよかったという話をしていましたが、その時は安藤サクラさんのお芝居について熱く熱く語ってくれました。…(中略)…『もし、今回の審査員の私たちがこれから撮る映画の中であの泣き方をしたら、安藤サクラの真似をしたと思ってください』と。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.