くらし情報『「かわいい女子であれ」という不文律 小島慶子さんに聞く、テレビ業界の女性へのまなざし』

2018年6月12日 21:45

「かわいい女子であれ」という不文律 小島慶子さんに聞く、テレビ業界の女性へのまなざし

目次

・テレビ業界の女性へのまなざし
・今回のセクハラ事件で画期的だったこと
「かわいい女子であれ」という不文律 小島慶子さんに聞く、テレビ業界の女性へのまなざし

タレント、エッセイストとして活躍中の小島慶子さんが、5月12日に「サイボウズ東京オフィス」(東京都中央区)で開催された「メディアと表現について考えるシンポジウム」の第3回「炎上の影に『働き方』あり!メディアの働き方改革と表現を考える」でモデレータを務めました。

シンポジウムでは、財務省の福田淳一・前事務次官のセクハラ事件に関連して、メディア業界のセクハラの実態や24時間体制の長時間労働について議論され、「多様性」とはかけ離れた業界の実態が明らかになりました。

アナウンサーとして15年間TBSに勤務していた小島さんに一連のセクハラ事件について話を聞きました。

【関連記事】テレビ業界に蔓延する“謎のおばちゃん像”って?

テレビ業界の女性へのまなざし

——4月18日深夜に財務省の福田淳一・前事務次官のセクハラ問題に関して、テレビ朝日が会見を開きました。放送局の元アナウンサーとして小島さんはどう見られましたか?

小島慶子(以下、小島):私は、テレビ業界、放送局にいるときから、24時間の滅私奉公、マッチョな価値観に男性も女性もみんな適応してやっていくしかない、という環境に身を置いていました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.