くらし情報『「かわいい女子であれ」という不文律 小島慶子さんに聞く、テレビ業界の女性へのまなざし』

2018年6月12日 21:45

「かわいい女子であれ」という不文律 小島慶子さんに聞く、テレビ業界の女性へのまなざし

アナウンサーは日本語のプロであれという建前はあるんですけれど、不文律としてそうした女子ロールを求められていることは明らかでした。男性と対等の待遇を得ながら女性蔑視的な扱いを甘受しなければならないことに、納得がいきませんでした。

でもこれは、アナウンサーに限らず働く女性なら多かれ少なかれ感じていることかもしれませんね。記者やディレクターも経験していることだと思います。

アナウンサーはいわば放送局の看板娘ですので(そのこと自体が性差別的ですが)、ある種守られているところはあります。セクハラしたらゴシップにされるリスクもありますよね。でも記者やディレクターは誰にも守ってもらえない立場です。

取材や制作の現場でハラスメントに近いことが日常的に行われていたであろうことは想像に難くないです。

今回のセクハラ事件で画期的だったこと

小島:今回の出来事は3つの点で画期的だと思います。一つは現場の女性が声をあげたこと。もう一つは財務省がセクハラを認めたこと。そして、テレビ朝日が動いたこと。

内容は完璧とは言えませんでしたが、テレビ朝日があの段階で会見を開いたのは英断だったと思います。会見を開かないよりははるかによかった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.