くらし情報『「かわいい女子であれ」という不文律 小島慶子さんに聞く、テレビ業界の女性へのまなざし』

2018年6月12日 21:45

「かわいい女子であれ」という不文律 小島慶子さんに聞く、テレビ業界の女性へのまなざし

その後、テレビ朝日アナウンサーの宇賀なつみさんや小川彩佳さん、社員でありコメンテーターの玉川徹さんが、今回の件について積極的に発言していましたよね。それが可能だったということは、自由にものを言える空気があったのでしょう。

女性アナウンサーが自社を批判したり、セクハラを許さないという姿勢を表明したりするのは、心理的にかなりハードルが高いはずなんです。従順な女子ロールを求める視聴者から批判されたり、スタッフからも生意気とか使いづらいとか言われるリスクがありますから。それでも発言した彼女たちの勇気に拍手を送りたいです。

これを機に女性アナウンサーが主体的に発言する機会が増えるといいなと思います。自由に意見を言う女性がテレビにたくさん映れば、女性に対する「こうであれ」という既成概念が知らず知らずのうちに変わりますから。見慣れるって、大事なことなんです。

(聞き手:ウートピ編集部・堀池沙知子)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.