くらし情報『あっさり「腎臓をあげる」と言った夫。“本当の気持ち”を知りたい私がついた嘘』

2018年6月13日 14:45

あっさり「腎臓をあげる」と言った夫。“本当の気持ち”を知りたい私がついた嘘

目次

・夫は“ピン”ときているのだろうか
・全部はるかさんの思う通りにしなよ
・夫のやさしい嘘を見抜くにはどうしたらいい?
・将来“交換”するための日記
・夫の”本当の気持ち”を覗き見て
・移植後、ちょっぴり冷めた夫婦の温度感
あっさり「腎臓をあげる」と言った夫。“本当の気持ち”を知りたい私がついた嘘

中学1年生の時に腎臓病になり、36歳で末期腎不全になってしまった、ライターのもろずみはるかさん。選択肢は人工透析か移植手術という中で、健康な腎臓を「あげるよ」と名乗り出たのは彼女の夫でした。

今回は「気が変わっても夫は本音を言えないのではないか」というもろずみさんの不安についてつづっていただきました。

夫は“ピン”ときているのだろうか

この連載、「夫の腎臓をもらった私」を読んでくださった方から感想が届くようになりました。特に男性は、夫に共感しやすいようで、「僕は妻に『(腎臓を)あげる』と言えるだろうか」そんなことを考えるのだとおっしゃっていました。その中の多くの人はこう続けます。「やっぱり、答えはすぐに出ない」。

それでいうと、うちの夫はあっさり「あげる」と言いました。正直なところ、私は不安でした。

だって命を扱う重い決断です。非日常的な決断とも言えます。

30代のこの夫は、「あげる」ということは、健康な腎臓をひとつ失うことだと“ピン“と来ているのだろうか、と。

全部はるかさんの思う通りにしなよ

ドナーは移植を決断すると、手術が行われるまでの半年間、心臓や肺、がん検診などあらゆるメディカルチェックを受けます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.