くらし情報『摂食障害は「ありのままの私で愛されたい」心の叫び 自力で治すのは難しい女性の病を心理カウンセラーが解説』

2014年7月18日 12:00

摂食障害は「ありのままの私で愛されたい」心の叫び 自力で治すのは難しい女性の病を心理カウンセラーが解説

摂食障害は「ありのままの私で愛されたい」心の叫び 自力で治すのは難しい女性の病を心理カウンセラーが解説

潜在患者が多く、正確な数は不明ながら日本女性の100~150人に1人はいるとも言われる摂食障害。日本では1980年代あたりから患者が急増しており、最近ではフィギュアスケート選手の鈴木明子さんやタレント遠野なぎこさんもその過去を告白しています。主に“やせ願望”へのとらわれが原因として知られていますが、摂食障害は、もともと心に葛藤や苦しみがあり、それが食行動として表面化した病。心のバランスを崩し、正しく食べられなくなる女性が増え続けているのはなぜか。治療に熱心に取り組まれている心理カウンセラー福山裕康さんにお話を伺ってきました。

反抗も非行もできない「いい子」が、摂食障害になりやすい
――摂食障害にかかる患者の性格や環境には、どんな共通点がありますか?

福山裕康さん(以下、福山):摂食障害にかかる患者の性格や環境は様々なのですが、例えば、よくある共通点としては、幼少期に「完璧でなければ愛されない」と思い込んでしまった人が、何らかの挫折をきっかけに発症するようなケースです。人間には生まれながらの“気質”がありますが、摂食障害になりやすいのは、主に「循環気質(愛されたい、注目されたい、という気持ちが強く社交的で明るい性格)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.