くらし情報『誰もが仕事帰りに立ち寄れる場所に 週3日オープンの「発達障害BAR」 』

2018年7月21日 20:00

誰もが仕事帰りに立ち寄れる場所に 週3日オープンの「発達障害BAR」 

目次

・すべての働く大人のための「避難所」
・「重い話ばかりじゃない。フツーのバーです」
・発達障害と定型発達がゆるやかに繋がる場
誰もが仕事帰りに立ち寄れる場所に 週3日オープンの「発達障害BAR」 

近年、その存在がクロースアップされることが増えた「大人の発達障害」。ADHD(注意欠如多動性障害)、ASD(自閉症スペクトラム)、AS(アスペルガー症候群)、LD(学習障害)など、いくつかの特徴から成りますが、先入観が広がり正しく理解されていない場面も多々あります。

本日21日23:00より放送のAbemaTV「Wの悲喜劇 〜日本一過激なオンナのニュース〜」では、「オトナ女子の発達障害」と題して、女性の視点から「大人の発達障害」について考えていきます。

自身もADHDの診断を受け当事者として番組出演した「発達障害BAR The BRATs」スタッフのゴーレムさん。インタビュー前編では、ゴーレムさんがスタッフとして働く「発達障害BAR The BRATs」について聞きました。

「Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース〜」のスタジオ収録の様子

すべての働く大人のための「避難所」

——「発達障害BAR The BRATs」とは、どんな場所なのでしょうか?

ゴーレムさん(以下、ゴーレム):「発達障害」とついていますが、本当はすべての働く大人のための「避難所」です。ふだん社会で生活しているうえで感じている生きにくさや、発達障害的な特徴がネックになっている部分などを気軽に吐ける場所。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.