くらし情報『「イライラする、怒りっぽい」と感じたら、試してみたい漢方薬【専門医に聞く】』

「イライラする、怒りっぽい」と感じたら、試してみたい漢方薬【専門医に聞く】

2018年7月29日 15:01
 

目次

・ホルモンや自律神経の影響で精神不調に
・漢方薬の助けを借りながら、生活のリズムを整える
「イライラする、怒りっぽい」と感じたら、試してみたい漢方薬【専門医に聞く】

以前は気にならなかったパートナーの言動にカッとなる、オフィスで同僚の態度にイライラして大きな声を出しそうに……など、自分の感情をもてあますことはありませんか。

「イライラがおさまらず、エスカレートするようなら、漢方薬を試してみるのもひとつの方法です」と話すのは、漢方専門医で臨床内科専門医、また消化器内視鏡専門医でもある吉田クリニック(大阪府八尾市)の吉田裕彦院長。

イライラの対策について聞いてみました。

ホルモンや自律神経の影響で精神不調に

体の不調もさることながら、感情が不安定だと、オフィスや家庭での人間関係をはじめ、さまざまな面で人と衝突しやすくなります。

吉田医師は、「患者さんの中には、仕事上のミスが増える、パートナーとのケンカが尾をひく、友人にやつあたりをするなどのトラブルが重なって、ますますイライラが募るという悪循環を経験する人が多くいらっしゃいます」と言い、女性に多い不調の傾向を次のように指摘します。

「女性は月経や更年期によるホルモンの分泌、また自律神経バランスがもたらす心身の状態の変化によって、さまざまな不調が現れることがあります。月経不順を含む困難症、腹痛や腰痛、微熱、倦怠(けんたい)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.