くらし情報『夏の代謝ダウンを改善する「ツボ押しヨガ」3つ【鍼灸師が教える】』

2018年7月30日 15:01

夏の代謝ダウンを改善する「ツボ押しヨガ」3つ【鍼灸師が教える】

メソッドを紹介してもらいましょう。

(1)ツボ「足三里」刺激&ツイスト三角のポーズ

「足三里」というツボは、足のつりやむくみ、筋力が衰えたときの特効ツボとして知られています。また、胃や腸の働きを整える役割もあり、夏バテで胃もたれや胃痛、消化不良、下痢や便秘などの場合に用います。

ツイストのポーズは全身の血流を促しますが、とくに腸のぜん動運動を促進して、足、おしり、ウエストのシェイプアップに働きかけます。「足三里」のツボ押しと同時に行って、内臓の状態を改善し、代謝のアップにつなげましょう。

<足三里の位置>

ひざのお皿の外側の下から、おや指以外の4本の指をそろえた幅の分だけ下がったところ。すねの骨の外側のきわ。左右にあります。おや指の腹で刺激します。ツボの位置がわかりにくければ、周囲を押してみて、イタ気持ちいい場所を探しましょう。

まず、足を骨盤の幅程度に開いて立ち、右の足を1歩前に大きく踏み出します。上体を前に倒し、左の手のおや指の腹で、右の足のツボ「足三里」を押しましょう。次に、右の手を天井に向けて真っすぐに伸ばしながら、上半身を右にひねり、視線は右の手に向けます。骨盤から上をひねるようにして、5~10秒キープしましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.