くらし情報『松嶋菜々子型女子が醸すラスボス感の正体について考える』

2018年7月30日 22:31

松嶋菜々子型女子が醸すラスボス感の正体について考える

人の目を捉えて離さないような抜群の吸引力がある美貌とか演技のセンスとか、そういう天賦の才能で仕事をしているのとは違う感じ。天才よりは秀才。もの凄くコツコツと努力していそうです。

河崎:松嶋さんがこう答えているインタビューがありましたよ。「変化は環境が与えてくれるもの。結婚や出産、新しい作品の経験によって何かが生まれるというよりは、それを消化してきた自分がスパイラルするようにして年を重ねて、変わっているように見える」。本人はきっと、普通に野心や向上心のある、普通に努力のできる女性なんでしょうね。でも「普通に生きる」って一番難しいことだと言いますよね。だって、人生って想定外や紆余曲折が当然あるものだから。ぶつかって倒れたり折れたり諦めて放り出したり、みんな何かしら挫折してはナナメった姿勢になるじゃないですか。屈折するというか。

B子:松嶋さん自身は、淡々と仕事をこなしてきただけかもしれないけれど、オフィスで働く私たちもその「淡々とこなす」ことがどれだけ大変か知っています。めちゃくちゃ努力しているはずなのに、それらを水面下に隠して涼しい顔をされたら、そりゃ「ラスボス感」も出てくるよなぁ、って。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.