くらし情報『「怖い」「グロい」だけじゃない…!平成最後の夏に観たいホラー映画【昭和編】』

2018年8月13日 20:01

「怖い」「グロい」だけじゃない…!平成最後の夏に観たいホラー映画【昭和編】

目次

・都会の喧騒を離れた郊外で襲われる恐怖
・インスタ映えブームを40年前に先取り?アート系ホラー
・ゾンビ映画のスタンダード社会派ホラー
「怖い」「グロい」だけじゃない…!平成最後の夏に観たいホラー映画【昭和編】

今年は「平成最後の夏」。すでに夏休みを満喫している人も多いのでは?帰省したり、旅行に行ったりするのもいいですが、おうちでゆっくりと映画を見るのもなんとも贅沢な時間。そこで、ウートピでは、「ホラー映画について語り始めたら一晩と言わず三日三晩語れる!」という映画ライターの石井隼人さんにウートピ読者にオススメのホラー映画を紹介ピックアップしてもらいました。コメディやヒューマンドラマは好きだけれど、ホラーはちょっと……という貴女にこそ見てほしい映画を紹介していただきます。

例年にない猛暑を記録中の今夏。クーラーも扇風機ももはや効果ナシ……と嘆く、そこのアナタ!背筋ゾクゾクのホラー映画を観て、心の底から冷えてみるのはいかがですか?「血は苦手だから見ない!」という喰わず嫌いは今夏で終わり。「ホラー映画」と一口にいっても、そこには様々な文化やドラマがあり、恐怖と同時に教訓さえも得られたりするのです。しかも今年の夏は“平成最後の夏”として記録にも記憶にも残る瞬間!

そんなメモリアル・サマーの猛暑を“恐怖”でスッキリ吹き飛ばしてくれる「平成最後の夏に観たいホラー映画」を前後編に渡ってご紹介。前編では、ウートピ世代が生まれた頃の昭和名作ホラー映画3作品を厳選しました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.