くらし情報『冷房が効いたオフィスでも注意! 働き女子が熱中症にならないために気をつけること』

2018年8月16日 15:01

冷房が効いたオフィスでも注意! 働き女子が熱中症にならないために気をつけること

目次

・室内でも熱中症の危険が…
・外出するときに気をつけること
・動物も人間と同じように考える
冷房が効いたオフィスでも注意! 働き女子が熱中症にならないために気をつけること

連日、猛暑を記録している「平成最後の夏」。通勤だけでもグッタリしてしまうほどの暑さですが、お盆が明けて今日から出勤という人も多いのでしょうか?

気象庁が「災害級」とするほどの猛暑で「熱中症」に関するニュースも毎日のように報じられていますが、そもそも「熱中症」ってどんな症状のことを言うの?毎日仕事や会社に行く働く女性が気をつけることは?「国立病院機構相模原病院」(相模原市南区)の児玉華子医師に伺いました。

【話題】銀座ロフトで売れているジェンダーレス日傘TOP5

室内でも熱中症の危険が…

——前回は「熱中症の症状」について伺いました。デスクワークで、屋外に出るのは通勤時とランチのときだけですが、室内にいる人でも熱中症の危険はあるのでしょうか?

児玉:あります。風がなく、湿度が高い場所、冷房機器を使用していない場所は危険です。「入浴」「キッチンで火を使う」などは危険因子です。また、同じ環境であっても、体調不良や睡眠不足の場合は より起こりやすくなります。

——室内でも熱中症の危険があるのですね。特に、会社員の女性が熱中症にならないために気をつけることはどんなことでしょうか?

児玉:冷房がきいたオフィス内でも、直射日光の当たる場所では長時間仕事をしないこと。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.