くらし情報『「XXXS」という極小サイズは誰のため? オバマ大統領夫人も愛用するブランドの展開に異論勃発』

2014年7月24日 12:00

「XXXS」という極小サイズは誰のため? オバマ大統領夫人も愛用するブランドの展開に異論勃発

「XXXS」という極小サイズは誰のため? オバマ大統領夫人も愛用するブランドの展開に異論勃発

アメリカのカジュアルブランドJ.Crewはオバマ大統領夫人が着用するなどで有名だが、このブランドが先日「XXXS」という極小サイズの展開を始め、話題になっている。

CNNキャスターやファッション・ブロガーが批判
CNNでこのニュースを伝えるキャスターは、他の出演者たちに「どうよ、これ?ありえないでしょう?」とばかりに全面否定。その意見に相違なく、出演者全員が同意しているのだ。

彼らの言い分は「こんな小さなサイズを展開して、ティーンエイジャーたちがかわいそう!」という意見で一致。

男性キャスターは「ニュースをみているガールズたち!私には4人のティーンエイジャーの息子がいるけど、彼らはやせ細ったXXXSサイズの女性より、リアルな女性を欲しているんだ!」と強く訴える。

またアメリカのファッション・ブロガー、アブラ・ベルクさんも批判。「洋服のサイズ番号が、女性たちの繊細なエゴを侮辱するからといって、自分に合うサイズより小さめの服を買うとでも思っているのでしょうか?女性はもっと意思の強いものでしょ?この小さいサイズの展開をするJ.Crewの決定には賛成できません」とブログで語っている。

XXXSサイズはアメリカ人向けではなく、アジア人マーケット向け
圧倒的に批判的意見が多い理由は、小さいサイズの方がお洒落であるというトレンドをいたずらに引き起こしかねないということのようだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.