くらし情報『待機児童2年連続ゼロ! 豊島区が子育てしやすい街1位になってた…』

2018年9月5日 21:01

待機児童2年連続ゼロ! 豊島区が子育てしやすい街1位になってた…

目次

・2年連続で待機児童ゼロを達成
・豊島区が公園のトイレを整備している理由
待機児童2年連続ゼロ! 豊島区が子育てしやすい街1位になってた…

2年連続で待機児童ゼロを達成し、共働き子育てしやすい街1位となった豊島区*。23区で唯一の消滅可能性都市**になったことをきっかけに、子育て環境整備に、区が一丸となって推進しています。

豊島区「わたしらしく、暮らせるまち。」推進室長・宮田麻子(みやた・あさこ)さんと、豊島区長公認の池袋愛好家・小沢あや(おざわ・あや)さんによる対談連載。3回目は、豊島区の子育て政策について伺いました。

【第1回】「女性が輝く」ってしんどくない?
【第2回】ちょうどいいダサさが気楽池袋の魅力って?

*2017年日経DUAL調査より
**少子化や人口の減少で、将来に消滅する可能性がある自治体のこと。2014年に民間有識者組織の「日本創成会議」が発表した全国自治体の将来推計人口で、豊島区は23区で唯一、2040年に20〜39歳の若年女性が半減し、人口を維持することができない「消滅可能性都市」とされた。

2年連続で待機児童ゼロを達成

小沢:先日、豊島区を歩いていたらNPOの方が常駐している公園があったんです。職員の方にお話を伺ったら「豪雨でない限り、行き場のない子どもがいるかもしれないから、毎日あけるようにしています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.