くらし情報『そろそろ「母親はこうあるべき」って“呪い”をかけ合うの、やめません?【透明なゆりかご】』

そろそろ「母親はこうあるべき」って“呪い”をかけ合うの、やめません?【透明なゆりかご】

2018年9月14日 22:45
 

目次

・「子どもが欲しくない」は変なこと?
・「セックスがないと終わりだと思ってた」
そろそろ「母親はこうあるべき」って“呪い”をかけ合うの、やめません?【透明なゆりかご】

女優の清原果耶さんが主演するNHKの連続ドラマ『透明なゆりかご』(総合、金曜午後10時ほか)が放送中です。累計発行部数360万部(電子含む)を突破した、沖田×華(おきた・ばっか)さんのマンガが原作で、産婦人科院の見習看護師として働くことになった高校3年生の×華さんから見た、命が生まれるだけではない産婦人科の現場を描いています。

連載開始から4年。ドラマ化でさらに多くの読者を獲得し、反響を呼んでいる同マンガについて沖田さんに話を伺いました。

【関連記事】40歳でロックTシャツを着るのは痛いこと?

「子どもが欲しくない」は変なこと?

——前回のインタビューで「『子どもが欲しくない』というのも私だけだと思ってた」というお話が出ましたが、私も特に子どもに興味がないのですが、そういうことを言うと「産んだら可愛くなるよ」「母性が目覚めるよ」と言われるんですよね。深い意味はないのでしょうが、意思として認められていないんだなあと思います。

沖田:私も昔、考えたことがあったんですけれど、結局、そういう人たちとはわかり合えないから。

私は「なぜ子どもを産むのかな?」と、いまだに子どもを産む人の気持ちが分からないんですよ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.