くらし情報『「なんでもできる人」にならなくてもいい…苦手の底上げより得意を伸ばして【DJあおい】』

2018年8月31日 21:01

「なんでもできる人」にならなくてもいい…苦手の底上げより得意を伸ばして【DJあおい】

目次

・スペシャリストとゼネラリストのちがいは?
・得意分野を伸ばそう
「なんでもできる人」にならなくてもいい…苦手の底上げより得意を伸ばして【DJあおい】

DJあおいさんと「仕事がデキること」について考えていく連載「私は仕事ができない。」83回目のボヤきは「仕事がはやくて助かっているけど…」です。

【今週のボヤき】

新卒の教育係として後輩の面倒を見ています。いま面倒を見ている後輩は新卒とは思えないほど仕事がはやく、助かっています。返事も即レスで「やっておいてね」と頼んだ仕事は同期の誰よりもはやく仕上げてきます。ただ、ときどきはやさを優先するあまり、仕事の出来が大雑把というか、「あまり考えてないのかな」と思うことがあります。おそらく、目の前の仕事をはやくこなすことで頭がいっぱいになっているのだと思います。真面目でやる気はあるのできちんと育てていきたいのですが、どのように育てていけばよいでしょうか?

スペシャリストとゼネラリストのちがいは?

仕事は丁寧だけど仕事が遅い人に「もっとはやくして」と言うとミスをします。

それと同じように、仕事は少し雑だけど仕事がはやい人に「もう少し丁寧にして」と言うとミスをします。

前者は職人タイプで少し頑固な性格、ある特定領域に絞ることによってその才能を開花させるスペシャリスト体質な人ですね。

後者は視野が広く気が利く性格、様々な業務経験を積ませることによって幅広く活躍できる汎用性の高い才能を開花させるゼネラリスト体質な人ですね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.