くらし情報『朝シャンはNG! 紫外線ダメージから頭皮と髪を守る洗い方【美髪のプロに聞く】』

2018年9月13日 21:45

朝シャンはNG! 紫外線ダメージから頭皮と髪を守る洗い方【美髪のプロに聞く】

また、シャンプー中の頭皮は濡れてふやけている状態なので、つめを立てて洗う、ヘアブラシで洗うなどすると、頭皮を傷つけ、傷口から雑菌が入り、炎症が起きる、フケを発生させるなどの可能性があります」

洗いすぎはいいことは何もないようです。続いて三谷さんは、「朝に髪を洗うことは、紫外線対策にとってよくない」とも話します。

「朝にシャンプーをすると、頭皮を紫外線から守る働きのある脂の分泌量が、日中に減少します。頭皮の脂は、シャンプーから5・6時間後に通常の分泌量に戻ります。頭皮の保護膜である脂が少ない状態で外出をすると、紫外線の刺激によるダメージを受けやすくなります。そのため、シャンプーをするのは夜がよいと言えます」

さらに洗い方について、
「毛髪同士をこすり合わせると、摩擦に弱いキューティクルがはがれ、髪の内部まで紫外線のダメージを受けやすくなります。このあとで紹介する洗い方のすべての段階で、避けてください」と三谷さん。

シャンプー前に「予(よ)洗い」をする

次に三谷さんは、「洗髪の際にはまず、お湯だけで流す『予洗い』を念入りに行うことが重要です。その後のシャンプーによる洗浄とすすぎをスムーズにするためです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.