くらし情報『内山理名、大事なのは“立場”ではなく人間のリアリティ 映画『single mom』で主演』

2018年9月24日 15:01

内山理名、大事なのは“立場”ではなく人間のリアリティ 映画『single mom』で主演

——なかなか仕事が決まらず、経済的にも苦しい状況にある愛実。周囲からシングルマザーであるということで、愛実に非があるような言い方をされてしまう描写が印象的です。愛実が時々口にする「私のせいなの?」という言葉が切実でした。

一言に「シングルマザー」と言っても、人によって、性格も、どう生きていくかも、全然違います。まわりに言われたことの受けとめ方も違うと思うんです。たとえ同じ境遇にあっても、自分の感情が今どこにあるかでも、状況が変わってくる。

でも、子供を守るために「全部自分が悪い」と思ってしまったり、「子供につらい思いをさせているのは全部自分のせい」だと思う気持ちって、わからなくないですよね?私には子供もいないし、シングルマザーでもないのですが、台本を読んだ時に共感するものがありました。

“見えてない自分”を切り取った作品

——シングルマザーに限らず、どんな立場でも、真面目な人ほど自分を追い込んでしまいがちです。

そうかもしれないですね。でも、そういう部分って人には絶対には見せないですし、自分自身も気付いてないところがあると思うんです。だから、この作品はそういう見えていない自分を切り取った映画だと思います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.