くらし情報『内山理名、大事なのは“立場”ではなく人間のリアリティ 映画『single mom』で主演』

2018年9月24日 15:01

内山理名、大事なのは“立場”ではなく人間のリアリティ 映画『single mom』で主演

私自身、映画やドラマを見ていて何か感じる部分というのは、上辺だけの言葉じゃなくて、ちょっとしたところにあるリアリティなんです。

——「そのキャラクターが言えない部分」をお芝居で伝えるために心がけていることは?

あまり無理をしないということでしょうか。頭で考えないようにするというか、自分に嘘をつかずに演じることですね。「こうしたら恥ずかしい」「こうしたらこう見える」というより、「こんなとき、こうやっちゃっている自分」を探す(笑)。

——ご自身と役が地続きなのですね。内山さん自身と愛実の境遇は全然違うのに、とてもリアルな表現だと感じました。

役柄は全然ちがっても、自分の中のちょっとした性格と続いているところは、あると思いますね。

プラスもマイナスも「感じること」を大事にしたい

——インストラクターの資格を持つほどヨガに本格的に打ち込んでいるそうですね。料理もお好きだとか。自分をとても大事にされている印象です。自分と向き合うという作業が、女優としての仕事にもプラスに働いているのでしょうか?

働いています。毎日、自分に問いかけて何かを感じて生きるということは、絶対に女優としての表現につながるし、感じることをストップしてしまったら、自分のなかで女優をやる意味がなくなってしまうと思う。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.