くらし情報『頑張りすぎは逆効果。仕事で本気を出すための“手抜き”術』

2018年10月12日 14:45

頑張りすぎは逆効果。仕事で本気を出すための“手抜き”術

目次

・何事も「頑張りすぎ」は禁物
・壁になる人物が現れたとき、どうかわす?
・「事なかれ主義」は正しい?
頑張りすぎは逆効果。仕事で本気を出すための“手抜き”術

「あー疲れた」。ときにはエナジードリンクをぐいっと飲みほして気合いを入れることも大切ですが、毎日急発進していたらタイヤが摩耗してしまうように、人も心身を消耗してしまいます。

そんな現代人の悩みに着目したのが、サントリーで商品開発を担当している脇奈津子(わき・なつこ)さんです。今年発売された「サントリー 南アルプスPEAKER ビターエナジー」(以下、PEAKER)は、キャップつきのペットボトルに入っている新しいエナジードリンク。自分のペースでエネルギーをチャージできると評判を集めています。

この商品を生み出した脇さんも、ここぞのときに本気を出すために普段はとことんマイペースで仕事をしている一人。調査から開発まで妥協することなく信念を持って取り組み、販促のために全国を飛び回るなか、どのように自分のペースを調整しているのでしょうか。

【前編はこちら】興味ゼロの仕事を“自分ごと化”して育てる方法

何事も「頑張りすぎ」は禁物

——仕事もプライベートも頑張りたいなぁとは思いますが、毎日フルスイングだと疲れてしまいそうです。どうすれば上手に“手抜き”をしながら自分のペースを作れますか?

脇奈津子さん(以下、脇)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.