くらし情報『朝起きられない、めまい、冷え、肩こりは低血圧だから?【臨床内科専門医が教える】』

2018年10月15日 15:01

朝起きられない、めまい、冷え、肩こりは低血圧だから?【臨床内科専門医が教える】

目次

・最高血圧が100以下なら低血圧
・体質ではなく「低血圧症」という病気かも
・ストレスを改善して自律神経のバランスを整える
・食事の工夫で低血圧を改善
朝起きられない、めまい、冷え、肩こりは低血圧だから?【臨床内科専門医が教える】

目覚まし時計が鳴ってもすぐに起きられない。やっと起きても頭が重い、どんより感が午前中いっぱい続くなどで、朝から元気になれない女性は多いようです。

「そうした症状は、低血圧が原因の可能性があります」と指摘するのは、臨床内科専門医で正木クリニック(大阪市生野区)の正木初美院長。

低血圧の特徴や改善の方法について聞いてみました。

【関連記事】まだ休みモードなんですけれど…やる気がない日の仕事法

最高血圧が100以下なら低血圧

はじめに正木医師は、低血圧の症状についてこう話します。

「朝の目覚めが悪い、頭が痛い、肩や首がこっている、発熱はないのに体がだるい、疲労感がある、めまいや立ちくらみ、耳鳴り、動悸(き)、吐き気、不整脈、胃もたれがする、また、イライラや憂うつ感が強いなど、日常的にこうした症状があって、とくにほかの病気ではないとき、不調の原因に低血圧が疑われます」

次に、血圧や低血圧とは何かについて、正木医師は説明を続けます。

「まず、血圧とは、血液が血管の壁を押し広げる圧力のことです。高血圧については国際的に診断基準となる数値があるのですが、低血圧については現在のところありません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.