くらし情報『使う順番、つける量や手順は? トリートメントとコンディショナーの違い【美髪プロが教える】』

2018年10月19日 21:45

使う順番、つける量や手順は? トリートメントとコンディショナーの違い【美髪プロが教える】

目次

・髪のダメージ補修にはシリコン入りを使用する
・トリートメントは髪の内部を、コンディショナーは表面をケアする
・トリートメント→コンディショナーの順に使う
使う順番、つける量や手順は? トリートメントとコンディショナーの違い【美髪プロが教える】

シャンプーやヘアトリートメントでていねいに髪を洗ったつもりでも、朝起きるとパサついている、ツヤがない、セットがうまくいかないなど、困ることがあります。

美容師で美髪のためのケアを追求する三谷遥さんに尋ねると、「コンディショナーやリンスは、髪質や順番によって使い分けるとよい場面があります」と話します。

詳しいお話を聞いてみました。

【関連記事】ドライヤーは冷風がポイント? 美髪のための乾かし方

髪のダメージ補修にはシリコン入りを使用する

はじめに三谷さんは、トリートメントやコンディショナーの成分について次のように説明をします。

「トリートメントやコンディショナーには、『シリコーン』という、一般的には『シリコン』と呼ばれる成分が含まれています。細かい粒子でできていて、髪のきしみやパサつき、枝毛、キューティクルのダメージを抑えます。

ノンシリコンのタイプもたくさん市販されていますが、毛髪のダメージが気になって修復したいときは、シリコン入りのタイプを使用するとよいでしょう」

トリートメントは髪の内部を、コンディショナーは表面をケアする

続いて三谷さんは、トリートメントやコンディショナー、リンスはどう違うのかについて、こう話します。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.