くらし情報『批判に強い人と期待に強い人、フリーランスに向いてるのはどっち?【DJあおい】』

2018年10月26日 21:01

批判に強い人と期待に強い人、フリーランスに向いてるのはどっち?【DJあおい】

目次

・「おつなぎしますよ!」が苦手なのはなぜ?
・フリーに向いているのは「批判に強く期待に弱いタイプ」
批判に強い人と期待に強い人、フリーランスに向いてるのはどっち?【DJあおい】

DJあおいさんと「仕事がデキること」について考えていく連載「私は仕事ができない。」90回目のボヤきは「『おつなぎしますよ!』が苦手」です。

【今週のボヤき】

仕事で「おつなぎしますよ!」と、人を紹介されることがあるのですが、ドキドキしてしまいます。というのも、紹介された場合、「紹介してくれた人の手前、きちんとやらねば」と必要以上に気を張ってしまうのです。だからと言って紹介でないときは手を抜く、というわけではないのですが……。

勝手なイメージですが、フリーの方はおつなぎが9割だと思うので、そういう意味では私はフリーには向いてないなとも思います。「おつなぎ」に慣れていないというか、紹介されるほど自信がないというか、気を遣いすぎてしまう私はあまり人の紹介に頼らないほうがいいのでしょうか?

「おつなぎしますよ!」が苦手なのはなぜ?

世の中には二種類の人がいまして、ひとつは批判に弱い人、そしてもうひとつは期待に弱い人なのですが、批判に弱い人というのは期待には強いんですよね。

誰かに頼られることによって力を発揮するタイプで個よりも和を重んじる人、集団に馴染む親和性が高いという利点は持っていますが、個人で行動するのが苦手で主体性はあまりないという欠点も持っています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.