くらし情報『一度は出産したから大丈夫と思っていたけど…39歳で私が不妊治療をやめるまで』

2018年10月29日 15:31

一度は出産したから大丈夫と思っていたけど…39歳で私が不妊治療をやめるまで

——それを読んで、自分もそうかもしれない……と?

たかはし:そうですね。ただ、これは妊活の罠だと思うんですけど、私と同じようなホルモン値の人でも妊娠できる人ってやっぱりいるんです。人間の心理としてはやっぱりそっちを信じたくなってしまう。「早発閉経かもしれない」という不安に、「妊娠できました!」というハッピーな報告が勝ってしまうんです。

当時は、「大丈夫大丈夫、私だってきっとできるはずだから」「今この周期にも妊娠するかもしれない」という風に思い込んでいました。

——そこから治療をやめようと思ったのは、どんなタイミングだったのですか?

たかはし:私の場合、年齢も含め諦めざるを得ない状況だったんですよね。3つ目に通っていた早発閉経の専門病院でも不妊治療は続けていて、弱った卵巣に注射を打ちながらなんとか動かしていました。それが、ある日を境に、注射を打ってもうんともすんとも言わなくなってしまって。

本音を言うと、「もう少し卵巣が元気なうちから積極的な注射や体外受精を試しておけばよかった」いう気持ちはあります。ただ、これも運命ですよね。早発閉経になったことでむしろ、治療をやめる決心ができた部分もあると思っています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.