くらし情報『その怒りや不安は「情動感染」のせいかも? 気疲れしやすい人の共通点』

2018年11月8日 20:45

その怒りや不安は「情動感染」のせいかも? 気疲れしやすい人の共通点

目次

・相手の気持ちを敏感に読み取る人
・ウイルスのように空気で伝染する「情動感染」
・こじらせる前に手当をすれば大丈夫
その怒りや不安は「情動感染」のせいかも? 気疲れしやすい人の共通点

同僚や仕事相手の気持ちを知らず知らずのうちに汲み取っていて、一日が終わる頃には気疲れでグッタリ。そんな人はきっと多いはず。気疲れから解放されて、もっと心穏やかに仕事をするにはどうすればいいの?『マッキンゼーで学んだ感情コントロールの技術』(青春出版社)の著者で人材コンサルタントの大嶋祥誉さんに聞きました。

相手の気持ちを敏感に読み取る人

——よく女性は感情的と言われますが、男性より女性のほうが感情コントロールは苦手なのでしょうか?

大嶋祥誉さん(以下、大嶋):共感、共有という能力が男性より長けているがゆえに、相手の気持ちを感じすぎてしまう傾向はあるでしょうね。相手の感情に自分が対応しなくてはいけないと思ってしまうのです。こんなことを言ったら相手が怒ったり嫉妬したりするかもしれないと先回りして相手の感情を忖度し、がまんして自分を出さない女性は多いと思います。でも嫉妬するかしないかは相手の問題であり、こちらに責任はありません。

——その線引きが、つまり感情コントロールというわけですね。

大嶋:はい、女性の場合、勝手に相手の感情の面倒をみてしまう傾向が強い気がします。そこにエネルギーを使ってしまうがゆえに、仕事に支障が出てくるケースも少なくありません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.