くらし情報『食べすぎやストレスによる腹痛を改善! 鍼灸師が教える「ツボ押しヨガ」』

2018年11月9日 15:01

食べすぎやストレスによる腹痛を改善! 鍼灸師が教える「ツボ押しヨガ」

食べすぎやストレスによる腹痛を改善! 鍼灸師が教える「ツボ押しヨガ」

食べすぎや冷え、ストレスによる胃痛、便秘、下痢など、おなかの悩みはつきません。

鍼灸師で理学療法士、またプロトレーナーでもある仲川豊基さんは、「胃腸の調子を整えることは、毎日の健康な生活への第一歩です。ツボやヨガで日ごろからセルフケアを実践しましょう」と話します。

詳しいお話を聞いてみました。

胃腸の働きを整えるヨガにツボ押しをプラス

はじめに仲川さんは、おなかの調子を整える「ツボ押しヨガ」について、こう説明をします。

「胃腸の活動に働きかけるヨガのポーズをとりながら、同様に働くツボを刺激すると、相乗の作用が期待できるでしょう。デスクワーク中に行える方法や、ポーズをとるだけでツボを刺激できるヨガもあります」

ではさっそく、仲川さんにその方法をレクチャーしてもらいましょう。

(1)ツボ「大腸兪(だいちょうゆ)」刺激&「ラクダ」のポーズ

「大腸兪」のツボは背中にあり、腸の働きを整えるツボとして知られています。食あたりや冷えなどによる腹痛、ストレスが原因の下痢や便秘の改善が期待できます。

ヨガの「ラクダ」のポーズでは、背中を反る動きで胃腸の活動を促し、腹筋をストレッチして、背中や腰の筋肉を鍛えることにもなります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.