くらし情報『食べすぎやストレスによる腹痛を改善! 鍼灸師が教える「ツボ押しヨガ」』

2018年11月9日 15:01

食べすぎやストレスによる腹痛を改善! 鍼灸師が教える「ツボ押しヨガ」

<ツボ「大腸兪」の位置>

まず、床に両方の膝(ひざ)をつけて、骨盤の幅程度に開いて立ちます。次に、両方の手のおや指で「大腸兪」を刺激します。その状態で目線を天井に向けて、上半身を後ろに反らして5~10秒をキープしましょう。

その後、ゆっくりと上半身を元の姿勢に戻し、ひと呼吸おいてから2・3回をくり返します。

立った状態でも行えます。

(2)ツボ「盲兪(こうゆ)」「水分(すいぶん)」「関元(かんげん)」刺激&「スフィンクス」「バッタ」のポーズ

「盲兪」のツボは、おへそのすぐ横にあり、消化機能の調整、食欲不振の改善、腹痛や下痢などの不調を緩和するように作用します。

「水分」はおへそのすぐ上にあり、体内の水分のバランスを調節して下痢やおなかの張り、むくみなどの改善に作用します。

「関元」は、おへその下のほうにあり、胃腸の緊張をほぐして胃もたれ、胃痛、便秘、下痢、冷えなどを改善するツボとして知られています。「スフィンクス・バッタ」のポーズでは、これらの3つのツボを同時に刺激することができます。(1)で紹介したラクダのポーズと同様に、「胃腸の調子を整えるほか、腹筋をストレッチして、背中や腰の筋肉を鍛えることにもなります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.