くらし情報『食べすぎやストレスによる腹痛を改善! 鍼灸師が教える「ツボ押しヨガ」』

2018年11月9日 15:01

食べすぎやストレスによる腹痛を改善! 鍼灸師が教える「ツボ押しヨガ」

<ツボ「盲兪」の位置>

おへそから左右に、手のおや指の幅の0.5本分ほど離れたところ。張っている感覚がする部分を見つけましょう。左右にあります。

<ツボ「水分」の位置>

おへそとみぞおちを縦に結んだ中心線上にあり、おへそから、手のおや指の幅1本分ほど上がったところ。

<ツボ「関元」の位置>

おへそとみぞおちを縦に結んだ中心線上にあり、おへそから、手のひとさし指から小指までをそろえた幅の分を下がったところ。

<スフィンクスのポーズ>

まず、床にうつぶせになり、足を腰の幅に開いて伸ばします。肘(ひじ)を体の横に自然に置いて床につき、鼻から息を吸いながら、上体をツボ「水分」が床から離れないところまで起こします。

その状態で5~10秒をキープしましょう。その後、うつぶせの姿勢に戻り、ひと呼吸おいてから2・3回をくり返しましょう。

<バッタのポーズ>

まず、床にうつぶせになり、足は骨盤の幅に開いて伸ばします。腕は体側に沿って伸ばし、手のひらを天井に向けましょう。

次に、水分のツボが床から離れないぎりぎりのところまで上半身を浮かせると同時に、足を持ち上げて股関節から下を床から浮かせます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.