くらし情報『食べすぎやストレスによる腹痛を改善! 鍼灸師が教える「ツボ押しヨガ」』

2018年11月9日 15:01

食べすぎやストレスによる腹痛を改善! 鍼灸師が教える「ツボ押しヨガ」

鼻から息を吐きながら5~10秒をキープしましょう。

その後、上半身と足をゆっくりと床に戻し、ひと呼吸おいてから2・3回をくり返しましょう。

これらを行うタイミングについて、仲川さんはこうアドバイスをします。

「床に膝で立って行う、また寝ころんで行うため、起床時や就寝前なら(1)と(2)の動作を通して布団の上でできます。デスクワーク中ならツボの刺激はいつでも、また、(1)のラクダのポーズは椅子に座りながらでもできるでしょう」

さっそく実践したところ、胃や腸が動き出したように感じました。(1)のラクダのポーズをデスクワークの休憩時に上半身を反りながら行うと、おなかだけでなく背中やけんこう骨にも刺激があり、血流が促されて疲労感が和らいだように思います。これから継続して、毎日のおなかの健康に役立てたいものです。(取材・文藤原 椋/ ユンブル)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.