くらし情報『自由奔放な同僚についイラッと 「嫉妬してるかも」と気づいた時の感情コントロール術』

2018年11月15日 09:45

自由奔放な同僚についイラッと 「嫉妬してるかも」と気づいた時の感情コントロール術

素直に自分の感情を出してもOKなんだと気づくことで、わがままな人に対しても怒りを覚えなくなり、最終的には自分の意見をはっきり言えるようになりました。これで、怒りの感情をひとつコントロールできるようになったわけです。

感情コントロールは「抑えること」ではない

——感情コントロールというと、感情を抑えるイメージですが、お話を聞くとそうではない?

大嶋:そこを勘違いしている人は多いと思いますが、感情コントロールに重要なのは、抑えるのではなく、受け入れて、さらに受け流すということです。感情コントロールを妨げる要因として「情動感染」と「バイアス」をあげましたが、「自己肯定感の欠如」もそのひとつ。自己肯定感の低い人は、マイナスなことが起こると、そこに感情をくっつけてしまいがちです。

——逆に言えば、自己肯定感の高い人は、感情コントロールがうまいと。

大嶋:はい。自己肯定感の高い人は、周囲の感情に振り回されないので、相手の態度に一喜一憂したりしません。いい意味でKYですよね。

知り合いにこんな人がいました。自分で開発した金融商品を売り込みたいから、誰か知り合いを紹介してほしいと言われ、私は最初、「大丈夫かな?へんな商品を売りにきてと、みんな思うのでは?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.