くらし情報『自由奔放な同僚についイラッと 「嫉妬してるかも」と気づいた時の感情コントロール術』

2018年11月15日 09:45

自由奔放な同僚についイラッと 「嫉妬してるかも」と気づいた時の感情コントロール術

を考えます。失敗すれば瞬間的に落ち込むことはあるかもしれないけど、すぐに改善に目が向きます。

——なるほど。そういったエネルギーの無駄遣いで、多くの人が実力を発揮できないのですね。

大嶋:自分を肯定できない人を「インポスター症候群」と言いますが、これは女性に多く見られ、Facebookの最高執行責任者である、シェリル・サンドバーグでさえその傾向があると自ら言っています。誰がみても凄い人なのに、自分は他人より能力に劣ると思い込んでしまい、賞賛されても、つい「いえいえ、私なんて」という言葉が出てしまう。

——たしかに、「私なんて」と答える人、多いですよね。

大嶋:できる女性ほどその傾向が強く、よくいえば謙虚とも言えますが、褒められればうれしいですよね?ならば素直に受け取って、「ありがとうございます」と返せばいいのです。

——自己肯定感は高められるのですか?

大嶋:「褒められたら、ありがとうと答える」と、習慣化してしまうことです。ニコッと笑って「ありがとう」。これでいいんです。形から入ることはとても大切。最初は形式的でも、いずれはそちらが普通になっていき、感情コントロールにもプラスに働きます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.