くらし情報『私たち“フツーの結婚式”にしばられているかも…【西野亮廣・山川咲対談】』

2018年11月23日 12:11

私たち“フツーの結婚式”にしばられているかも…【西野亮廣・山川咲対談】

目次

・いい夫婦、結婚式って?
・こんな結婚式はイヤだ!
・結婚式に参加するゲストは受け身にしかなれないの?
・自由から生まれてきた祝福の気持ち
私たち“フツーの結婚式”にしばられているかも…【西野亮廣・山川咲対談】

10月末、オーダーメイドウェディング事業などを行うCRAZY(東京都墨田区)にて、CRAZY WEDDINGブランドマネージャーの山川咲さんと、キングコングの西野亮廣さんによる対談が行われました。テーマは「#結婚式に自由を」。

正解がひとつしかないように感じてしまう結婚式ですが、本当はもっと自由に楽しくできるのでは——?

日頃私たちが抱えている結婚式にまつわる「これって、どうなの?」について、会場の参加者も巻き込んで、山川さん、西野さんが本音で語り合いました。イベントの一部を編集してお届けします。

【第1回】結婚式に誘われても断り続けた理由
西野さん(左)と山川さん(右)

いい夫婦、結婚式って?

山川:ここからは西野さんに質問していきたいと思います。まず、いい夫婦ってなんだと思いますか?

西野:うーん。僕としては、「よそ見するな!」という関係は苦手ですね。愛は好きなんですけど、恋が嫌いなんですよ。何が違うかというと、自分目線か、他人目線か。恋は完全に自分目線で愛は相手目線だと思っています。

山川:この質問でなんかいい回答が出るとは。

西野:要するに、恋と愛って主役が自分か、主役が相手か。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.