くらし情報『「私なんか」って自分を否定しないでください。瀬戸内寂聴さんから自信がない貴女へ』

2018年11月29日 21:01

「私なんか」って自分を否定しないでください。瀬戸内寂聴さんから自信がない貴女へ

目次

・「96年生きてても人生は“あっという間”」
・「死ぬまで小説を書けたらいいなって思います」
・「笑うと幸せになるの。不思議とね」
・「恋愛って落ちてくるもの」
・「私なんか」から卒業しよう
「私なんか」って自分を否定しないでください。瀬戸内寂聴さんから自信がない貴女へ

「96年生きてても人生は“あっという間”」

作家で僧侶の瀬戸内寂聴さん(96)がこのほど対談集『命の限り、笑って生きたい』(光文社)を出版しました。

同書は、寂聴さんと秘書の瀬尾まなほさん(30)が、元気で長生きをする秘訣や恋愛観、かっこいい死に方などを語り尽くした対談集で、幸せのヒントが詰まっています。

11月26日に紅葉真っ盛りの京都・嵯峨野の「寂庵」で行われた取材会では、寂聴さんがまなほさんと登場。自身の半生を振り返りながら愛や人生について語りました。

「瀬戸内に会うまでは、大学を卒業したら結婚して子供を産むくらいしか考えてなかったけれど、瀬戸内にチャンスをもらってできることが増えていくと、どんどん自分の可能性を広げて生きたいと思うようになった。

瀬戸内は、よく『96年間生きてきたけどあっという間』と言うんです。96年生きてても“あっという間”と思うのならば、私も自分が思うように生きようと思いました」と寂聴さんとの出会いで人生が変わったというまなほさん。

ウートピでは取材会で語られた寂聴さんの言葉をお届けします。(太字は編集部質問)

寂聴さんとまなほさん=光文社提供

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.